音楽監督:鈴木徹平

トランペット奏者・指揮者
Facebook: 
 http://facebook.com/TStrpt

 福岡県直方市出身。15歳でトランペットの勉強をする為アメリカへ渡りミシガン州インターローケン芸術高校にてジョン・リンドナウに師事する。同校卒業後、クリーブランド音楽院に進み、マイケル・サックス(クリーブランド管弦楽団首席奏者)及びジェームス・ダーリング(元、クリーブランド管弦楽団)に師事。在学中2年に渡り特待生としてコロラド州、アスペン音楽祭に参加。クリス・ゲッカーに師事。

 97年にはベンジャミン・ライト(現、ボストン交響楽団トランペット奏者)神田めぐみ(現、ミルウォーキー交響楽団首席トロンボーン奏者)イーサン・ベールマン(現、ロスアンジェルスフィルハーモニック管弦楽団ホルン奏者)等とクリーブランド・ブラス金管五重奏を結成。同年日本演奏旅行を行う。更に、アメリカ五大音楽大学(ジュリアード音楽院、クリーブランド音楽院、イーストマン音楽大学、カーティス音楽院ニューイングランド音楽院)より仲間を集めニューヨークに拠点を置く大編成金管アンサンブル「ユナイテッド・ブラス」を結成、デビューアルバム「The United Brass」を2000年にリリースする。

 21歳でオークリッジ交響楽団に首席奏者として入団。更に、テネシー大学・ノックスビル校にて講師を務めると同時にトランペットマスターコースを修了、修士号を修得。更に、ブラスウインド金管五重奏のメンバーとしても活躍し、99年にはアメリカコンサートツアーを行う。その後、ネヴァダ大学・ラスベガス校にて父、鈴木孝佳の元、指揮法マスターコースも修了、修士号を修得。2004年に帰国後、スーパー・ワールド・オーケストラや小澤征爾氏が音楽監督を務めたオペラの森管弦楽団などに参加。

 現在、拠点をアメリカに移し、TAD Wind Symphonyの団員を務める他、数々の団体に客演ソリストとして招かれている。また、United BrassWinds “STEP”の音楽監督/常任指揮者を務める傍ら、2011年にはアメリカ、オレゴン州立大学ウインド・アンサンブルの日本演奏旅行において客演指揮者を務める他、九州管楽合奏団の演奏会にも指揮者として登場するなど、指揮者としての活動範囲も広げながら、後進の指導にも力を注ぐ等、幅広く活躍している。

  • Twitter Clean
  • White Instagram Icon
  • w-facebook
  • White YouTube Icon

© 2016 by United BrassWinds STEP.  Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now